Softroad
  • contact
  • menu
case-studyケーススタディ

PL/IからJavaへ移行する

東証1部上場 TOP200社中、50社以上に採用されています

出光興産様、日産自動車様、日本航空様、京セラ様、TOTO様、大同生命保険様、ソフトバンク様、村田製作所様、 ユニチカ様、日東電工様、石油資源開発様、テックインフォメーションシステムズ様、ブリヂストンソフトウェア様、アイテック阪急阪神様、JFEシステムズ様、西鉄情報システム様、東レシステムセンター様、岡三情報システム様、 キリンビジネスシステム様、関電システムソリューションズ様、コベルコシステム様、JALインフォテック様、みずほ情報総研様、他多数

この更新パターンのお客様事例講演

ユニチカ株式会社様 事例発表 ユニチカ株式会社様 事例発表

一般的なPL/I→Java移行の問題点

品質、保守性と性能が最も重要です。IT業界では、以下の問題がよく発生しています。

  1. 通常開発より再構築の予算(工数)が限られるため、再設計、再開発を行う場合、機能漏れ、テスト不足によるバグが頻発する。
  2. 殆どのツール変換で生成されたJavaソースがわかりにくく、保守性が悪い。
    既存ソース構造のままで、性能問題も出やすい。
  3. テストツールがないまま、テスト工数が多い割には品質にリスクもある。
PL/I→Java移行に悩んでいる様子

ソフトロードのPL/I→Java移行の特徴

  1. ほぼ100%自動変換率のAIツール変換。
  2. Javaの主流フレームワーク「Spring Framework」に移行、新規開発と同等の保守性を実現。オプションとしてお客様固有のJavaフレームワークにも移行可能。
  3. 弊社ツールでPL/Iの構文を解析し、効率の良いSQL文、DBのプロシージャーを生成することで、既存と同等、あるいはそれ以上のパフォーマンスを実現。 ※適切なH/W、N/Wが前提。
  4. 弊社テストツールとノウハウの元に業務シナリオテスト、総合テストを実施する。テストカバー分析ツールより、全ての技術POINTが比較テストされたことを確保し、再開発より格段に高い品質を実現。

PL/I→Javaの出来栄え

移行先画面イメージ

画面のOPEN化(GUI画面)
  1. マウス・ボタンなどにて、操作性の向上
  2. お客様のUI基準にカスタマイズ可能
  3. Webアプリのため、現行より反応が鈍い

GUI画面

現状画面の維持(CUI画面)
  1. UI/UXは変わらず、ユーザー教育が不要
  2. 自動変換率が高く、コストが抑えられる
  3. GUI画面に比べ、システムの反応が俊敏

GUI画面

移行先Javaの保守性

保守性メリット1
UI層は主流のHtml5を採用し、ViewとModel層を分離する

MFS→View、Dto

保守性メリット2
ロジック層は通常のコントローラーとサービスを利用し、View、Modelとビジネスプロセスを制御できる

PL/I→Controllor

PL/I→ServiceImpl

システム移行(システムリフォーム)スケジュール

スケジュール

類似移行事例の抜粋

某営業システム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様書再生、ソース移行~結合テスト、総合/運用テスト支援、本番移行
システムリフォーム情報
PL/I (画面)→ Java
PL/I (バッチ)→ PL/SQL
JCL → Shell
VSAM、ADABAS、PS → Oracle12c
IBM z/OS V1R8 → Linux
既存システム規模
PL/I :1012.7KL、JCL:36.8KL、帳票:265本、画面:1239本
開発期間
20ヶ月

某管理システム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様変更、ソース移行~結合テスト
システムリフォーム情報
PL/I、COBOL → Java、PL/SQL
JCL → Shell
DB2 → Oracle
z/OS → HP Unix
既存システム規模
PL/I :300KL、COBOL:370KL、JCL:42.3KL、帳票:25本
開発期間
10ヶ月

某部品管理システム

開発工程
棚卸、移行設計、ソース移行~結合テスト、総合/運用テスト支援
システムリフォーム情報
PL/I → Java
JCL → Java
MAP → JSP
VSAM → Oracle
IBM z/OS V1.6 → RHEL6.4
既存システム規模
PL/I:139.4KL、JCL:0.1KL、画面:65本
開発期間
10ヶ月

某予算管理システム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様書再生、ソース移行~結合テスト、総合/運用テスト支援、本番移行
システムリフォーム情報
PL/I (画面)→ Java
PL/I (バッチ)→ PL/SQL
JCL → Shell
VSAM、ADABAS、PS → Oracle12c
IBM z/OS V1R8 → Linux
既存システム規模
PL/I :78KL、JCL:18.5KL、LAYOUT:203本、MAP:13本、帳票:67本
開発期間
8ヶ月

CONTACT コンタクト

システム移行に関するお問い合わせは
こちらからどうぞ。