Softroad
  • contact
  • menu
case-studyケーススタディ

COBOLからOpenCOBOLへの移行

東証1部上場 TOP200社中、50社以上に採用されています

出光興産様、日産自動車様、日本航空様、京セラ様、TOTO様、大同生命保険様、ソフトバンク様、村田製作所様、 ユニチカ様、日東電工様、石油資源開発様、テックインフォメーションシステムズ様、ブリヂストンソフトウェア様、アイテック阪急阪神様、JFEシステムズ様、西鉄情報システム様、東レシステムセンター様、岡三情報システム様、 キリンビジネスシステム様、関電システムソリューションズ様、コベルコシステム様、JALインフォテック様、みずほ情報総研様、他多数

この更新パターンのお客様事例講演

出光興産株式会社様 事例発表 出光興産株式会社様 事例発表
京セラコミュニケーションシステム株式会社様 事例発表 京セラコミュニケーションシステム株式会社様 事例発表
日産自動車株式会社様 事例発表 日産自動車株式会社様 事例発表

一般的なCOBOLからOpenCOBOL移行の問題点

  1. COBOLの移行は、具体的なCOBOLバージョン、DB(ADABAS等)、個別システムのユーティリティ等、多岐にわたる技術ポイントがあり、それらをカバーする変換ツールがない。
  2. テストは顧客の提供データに依存し、システムの品質を保証できるテストツールがない。
  3. 変換してから性能チューニングを行うことや、複雑なツールのカスタマイズが上手くできないことで、移行が失敗してしまうリスクがある。
COBOLからOpenCOBOL移行に悩む様子

ソフトロードのCOBOL→OpenCOBOL移行の特徴

  1. 日本最大のシステム更新専門会社の豊富な経験、徹底的なCOBOL文法、ミドルウェア等の機能解析を元に、ほぼ100%の自動変換を実現。
  2. 業務シナリオに従い、新旧比較テストを行う上に、各移行技術ポイントのテストカバー率を保証する為、テストの追加も行う。テストツールで自動化を図りながら、各移行技術ポイントのテストカバー率を取得し、厳格な比較テストを実現。
  3. ホストの大量データアクセスなどのロジックを自動解析し、標準的なSQL文等に自動変換することで、十分な性能を実現。
    ※自動変換が難しい部分は、手動で対応
  4. 独自のソース分析力より、単純移行ではなく、データベースのRDB化、I/F追加など、オプションとして、システムの改善を実施。

システム更新(システムリフォーム)スケジュール

スケジュール

類似移行事例の抜粋

生産・販売・アフターサービスなどIBMメインフレーム2台の6つシステム

開発工程
棚卸、移行設計、ソース移行~総合テスト、運用テスト支援、本番移行
システムリフォーム情報
NATURAL → Java
COBOL → Java
COBOL → MF COBOL
PL/I → MF PL/I
JCL → Java+XMLファイル
ASM → MF COBOL
ADABAS → SQL Server
OS/390 V2 → Windows Server 2012
既存システム規模
COBOL:2487KL、JCL:545KL、NATURAL:429KL、PL/I:2156KL、ASM:35KL、帳票:781本、画面:1572本
開発期間
20ヶ月(※各システムの移行は1年間ぐらいで実施しました。)

某汎用機システム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様書再生、ソース移行~結合テスト、総合/運用テスト支援
システムリフォーム情報
XMAP → JSP
COBOL → Java+MF COBOL
ASM → MF COBOL/C
JCL → PowerShell
XDM/RD + XDM/SD + PDMⅡ → PostgreSQL
日立ホストVOS3 → Windows Server 2012
既存システム規模
COBOL:420KL、JCL:17.7KL、帳票:200本
開発期間
18ヶ月(※仕様書再生を除くと、12ヶ月である。)

某物流システム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様書再生、ソース移行~総合テスト、運用テスト支援
システムリフォーム情報
YPSCOBOL → NetCOBOL
Natural → Java
JCL → Bshell
ADABAS → Oracle11g
富士通MSP → Linux
既存システム規模
YPSCOBOL:243KL、Natural:50KL、JCL:480本、帳票:47本
開発期間
7ヶ月

某販売システム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様書再生、ソース移行~結合テスト、総合/運用テスト支援
システムリフォーム情報
YPSCOBOL → NetCOBOL
Natural → Java
ADABAS → Oracle11g
DB2 → DB2
富士通MSP → Linux
既存システム規模
YPSCOBOL:43KL、Natural:65KL、JCL:26本、帳票:26本
開発期間
7ヶ月(※上記「某物流システム」と同時に開発。)

某COBOLシステム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様理解~結合テスト、総合・運用テストの支援
システムリフォーム情報
COBOL → NetCOBOL
JCL、JCM → Java+XMLファイル
AIM/NDB → PostgreSQL
OSIV XSP → Windows Server 2012 Standard
既存システム規模
COBOL:296.4KL、COPY句:17.2KL、JCL:1.8KL、マクロ:77.1KL、帳票:115本
開発期間
9ヶ月

CONTACT コンタクト

システム移行に関するお問い合わせは
こちらからどうぞ。