1. HOME
  2. システムリフォーム
  3. システムリフォーム詳細
  4. 仕様書再生

システム
リフォーム

仕様書再生

弊社仕様書再生の考え方

弊社では、仕様書生成ツール、技術者によるシステム操作・ソース解析にて、プログラムから、高品質、低コストに保守の為の仕様書を再生します。運用保守に殆ど機能しない部分は、割愛します。
※仕様変更の検討の為に、特定機能の詳細設計資料も再生することが可能

弊社仕様書再生の特徴

運用保守担当者に必要な仕様書

保守担当者が仕様書を利用する場面
1、ベテランの保守担当は、殆ど仕様書を利用せず、直接にソースを参照します。時には、E-R図、インタフェース仕様を利用します。
2、不慣れな保守担当は、処理フロー、複雑な機能の仕様書を参照します。E-R図、インタフェース仕様が重要となります。簡単な機能ならば、直接ソースを参照します。
3、新任の保守担当が参画する場合、システム概要図、画面遷移図、処理フロー、E-R図をもって、学習します。

弊社の提案する仕様書は、ほぼ必要な仕様書類をカバーしております。

弊社仕様書再生の強み

■品質が高い
 既存ソースをツールで解析し、人的理解を加えて、作成するため、品質が高い。
■使いやすい
 画面遷移図にDBアクセスのCRUD仕様を取り込むなどの工夫により、保守担当者利用の為に焦点を絞って作成することから、利用しやすい。
■コストが低い
 利用されていない仕様書を削ぎ落とし、かつ、ツール作成の割合も高いため、コストが低い。
■現状システムの整備・状況把握ができる
 ゴミソース、不足ソース、重複/類似ソースも発見でき、きれいなソース整理、保守状態の確認になる。
 ※一部はオプションとなる場合がある。

仕様書再生のイメージ

生成された仕様書のイメージ

自動生成した仕様書サンプル

フロー系(画面遷移図、ジョブフロー)

一覧系(画面・バッチ・帳票一覧)

半自動生成した仕様書サンプル

画面機能仕様書

特定仕様変更ための既存機能の詳細設計書(バッチ、オンライン)

手動生成した仕様書サンプル

システム全体概要図、システム機能一覧