Softroad
  • contact
  • menu
case-studyケーススタディ

Oracle Formsバージョンアップ

東証1部上場 TOP200社中、50社以上に採用されています

出光興産様、日産自動車様、日本航空様、京セラ様、TOTO様、大同生命保険様、ソフトバンク様、村田製作所様、 ユニチカ様、日東電工様、石油資源開発様、テックインフォメーションシステムズ様、ブリヂストンソフトウェア様、アイテック阪急阪神様、JFEシステムズ様、西鉄情報システム様、東レシステムセンター様、岡三情報システム様、 キリンビジネスシステム様、関電システムソリューションズ様、コベルコシステム様、JALインフォテック様、みずほ情報総研様、他多数

この更新パターンのお客様事例講演

阪急阪神株式会社様 事例発表

一般的なOracle Formsバージョンアップの問題点

  1. 移行を担当する会社は細かい問題点を漏れなくカバーできる変換ツールを持っていない。
  2. 一般的な移行会社は業務機能テストを実施できず、ユーザーに任せてしまうケースが多い。それで、品質問題が出やすい箇所へのピンポイントのテストができず、テスト工数が高くなるし、想定外の問題が散発し、品質と納期が守りにくい。
一般的なOracle Formsバージョンアップで悩む様子

ソフトロードのOracle Formsバージョンアップの特徴

  1. 類似移行で経験してきた変換技術POINTを取り込んだ、極めて100%に近い自動変換率のツールで移行を行う。
  2. 手修正が避けられない場合に、手修正箇所に対し、単体比較テストを行う。手修正がなくても、品質問題が出やすい箇所もツールで特定し、単体比較テストを行う。
  3. 業務シナリオの比較テストも行い、各移行技術POINTに対し、複数の担当者により、様々の角度で、多くの回数で比較検証する。

システム更新(システムリフォーム)スケジュール

スケジュール

類似移行事例の抜粋

某管理システム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様書再生、ソース移行~結合テスト、総合/運用テスト支援
システムリフォーム情報
OracleForms6i → OracleForms12c
PL/SQL10g → PL/SQL12c
Oracle10g → Oracle12c
AIX6.1 → Solaris11.1
Webサーバーなし → WebLogic12c
Windows7 → Windows7/10
既存システム規模
Forms数:800個、Oracle Forms:1,357KL、PL/SQL:1,497KL、帳票数:407個
開発期間
12ヶ月

某会計システムⅠ期

開発工程
棚卸、移行設計、仕様書再生、ソース移行~総合テスト、運用テスト支援
システムリフォーム情報
OracleForms9i → OracleFroms11g
Oracle9i → Oracle11g
HP-UX11i → Solaris11.1
OAS → WebLogic12c
Windows7 → Windows7/10
既存システム規模
Forms数:141個、Oracle Forms:267KL、PL/SQL:258KL、帳票数:161個
開発期間
6ヶ月

某会計システムⅡ期

開発工程
棚卸、移行設計、ソース移行~結合テスト、総合/運用テスト支援
システムリフォーム情報
OracleForms9i → OracleForms11g
PL/SQL9i → PL/SQL12c
Oracle9i → Oracle12c
HP-UX11i → Solaris11.1
OAS → WebLogic12c
Windows7 → Windows7/10
既存システム規模
Forms数:300個、Oracle Forms:690KL、PL/SQL:575KL、帳票数:360個
開発期間
10ヶ月

某管理システム

開発工程
棚卸、移行設計、仕様書再生、ソース移行~結合テスト、総合/運用テスト支援
システムリフォーム情報
OracleForms6i → OracleForms12c
PL/SQL9i → PL/SQL12c
Oracle9i → Oracle12c
Solaris5.9 → Windows Server 2016
Webサーバーなし → WebLogic12c
Windows7 → Windows7/10
既存システム規模
Forms数:116個、Oracle Forms:217KL、PL/SQL:108KL、帳票数:19個
開発期間
5ヶ月

CONTACT コンタクト

システム移行に関するお問い合わせは
こちらからどうぞ。