1. HOME
  2. TOPICS
  3. 株式会社データ総研、レッドハット株式会社、株式会社ソフトロードの3社主催の「高品質・低コスト・機能改善のモダナイゼーション」セミナーで『ユーザー観点でみるリフォームの効果と優位性』と題して講演をしました。

TOPICS

トピックス

株式会社データ総研、レッドハット株式会社、株式会社ソフトロードの3社主催の「高品質・低コスト・機能改善のモダナイゼーション」セミナーで『ユーザー観点でみるリフォームの効果と優位性』と題して講演をしました。

  株式会社データ総研、レッドハット株式会社、株式会社ソフトロードの3社主催の「高品質・低コスト・機能改善の 
  モダナイゼーション」セミナーが2月25日にトラストシティ・カンファレンス丸の内で開催されました。 
  このセミナーでは、日本情報システムユーザー協会(JUAS)の細川顧問による基調講演のあとに、ソフトロードに 
  よるシステムリフォーム講演が行われました。 
  
  ■基調講演 
   『高品質・低価格・高顧客満足度システムとは』 
   「指標化して初めて価値が見えてくる」・・・その信念で、自分自身が 
   大手ユーザー企業の情報部門責任者と大手SI企業経営者を歴任した 
   IT業界第1人者である細川氏が、「買う側・売る側」両方の経験と、 
   さらにUASでの多数のユーザー企業の情報化動向を詳細に分析して 
   システム化における「品質、コスト、工期、顧客満足度」などの 
   指標化手法を具体に紹介しました。 
     日本情報システム・ユーザー協会 
     エグゼクティブフェロー 
     細川 泰秀 氏 
      
  ■ソリューション・セッション 
   『ユーザー観点でみるリフォームの効果と優位性』 
   前月にJUASセミナーでも大好評だった出光興産のリフォーム事例講演を 
   紹介するとともに、低コスト・高品質な業務継承型システム構築手法である 
   「システムリフォーム」の概要と事例を紹介しました。 
     ソフトロード 代表取締役社長 
     劉 忱 
     ソフトロード 顧問 
     大橋 善男 
   
  当日にはこの他に、データ総研、レッドハット各社のソリューション講演も行われました。 
  本セミナーは案内直後から申込みが殺到して当初の予定人数が満杯になってしまい、 
  急きょ増席して対応した大人気セミナ―でした。

最新記事